単明快矛盾なし

更新記録
随時追加更新していきます、現在の完成度は80%ですが“光”に初めて接した方には既に十分な内容です。
ここに載っている項目は全体の50%程です、全項目はサイトマップをご覧下さい。







2004.4.27
  • メニュー バーを設置。
2004.3.27
2001.8.06
2001.2.26
2000.03 - 2000.09
2000.03.26
  • down load (圧縮ファイル [ hik_jp.lzh (1.52 MB) ] アップロード、オフラインでのご利用を)
2000.03.17
2000.01.09
1998.11.23
1998.10.23
1998.9.16
  • **新しい色名(1、9の光は誰も見た事が無い訳ですから当然呼称がありません、しかしそれでは・・・)
  • **“光”りの周期(9年周期にご注意を!)
1998.8.25
1998.7.25
  • ***生き物の戸籍(四つの者は右の方に、ししの顔をもち、四つの者は左の方に牛の顔をもち、また四つの者は後ろの方に、わしの顔をもっていた。)
  • **光輪(光の調和法は各人の“光”により36通りの方法に別れます、ですから正確には36通りの方法に対し36通りの見え方があります)
  • ***煩悩(144−36=108)
  • ***3つの証し(道即法即光 = このイエスキリストは、水と血をとおってこられたかたである・・・ ・・・あかしをするものが、三つある。 御霊と水と血である)
1998.7.12
  • ***光の先達者134(心の断面図を発見)
  • ***光の12氏族(神からイスラエルという名前を頂いたヤコブは4人の妻に12人の子供をもうけます)
  • ***光の系統図(宗教の違いは9Gの知覚に至る経路の違いに過ぎないということが分かれば、お互いの宗教を認め合うのはたやすいことです)
1998.6.12
  • ***呼と吸(主なる神は土のちりで人を造り、命の息をその鼻に吹き入れられた。 そこで人は生きた者となった。(創世記))
  • **αω(アルファ、オメガ)(「わたしはアルパであり、オメガである。 最初の者であり、最後の者である。 初めであり、終りである」(ヨハネの黙示録))
  • ***1日の循環(睡眠は何故必要か。  愛や恋を語るのは午後、朝からというのは時間音痴)
1998.6.01
  • **9G(太陽よりも明るくそれでいて眩しくないその光に包まれただけで幸せな気分になるという霊的体験者や臨死体験者の“光”の体験、彼らが眩いばかりの白色光とかゴールドカラーと呼んでいる光の正体は)
  • **悟り(体外離脱、脳内麻薬、透視、etc、悟りとはさほど難しものでなし要は陽気になることと知れ)
1998.5.21
  • **天地創造(色分けすると・・・)
  • **心の断面図(“光”と意識)
  • ***5の特殊性(時間、悟り、器、浄化、でしゃばってはいけません)
  • **潜在意識(さあ、来なさい。小羊の妻なる花嫁を見せよう)
  • ***翼と手(わたしがケバル川のほとりで、捕囚の人々のうちにいた時、天が開けて、神の幻を見た。)
  • ***般若心経(大般若経の真髄262文字も“光”で見れば・・・)
  • ***残った光(修行僧や行者が厳しい修行の結果見たものは・・・)
1998.5.10
  • ***倍数の法則(エネルギーの流れを決定付ける法則)
  • ***転生(魂(光)の6人兄弟の仕組み、男女の構成比)
  • ***369の原理(球体となった“光”エネルギーが2つ巴、3つ巴となり心を形成する過程を解明、物質粒子の形成過程も同じ原理)
  • ***“光”の暦(40日暦)(人は始めて今を語ることが出来るようになる)
1998.4.18
1998.4.05
1998.3.26
  • ***原色(色と“光”,色と膨張、収縮エネルギー,光、色の混合,補色及び補色の混合)
  • **直角の原理(潜在意識第三層の構造図と説明)
  • *“ひかり”の計算の自動化(計算結果の確認を生年月日の入力により自動計算をします)
1998.3.05
  • 細部の修正,図表追加。




←戻る     心=“光”     一覧     “ひかり”の計算