***5の特殊性

“と”という器  *補数は5が仲立ちとなって補い合う関係をいいますから5に補数はありません。5だけが持つ性質です。
つまり相互作用(相互関係)の「何と何」の「と」という器のようなエネルギーです。

 5は物質世界、即ち****4次元時空間(“光”でみると6次元)の次元では時間軸の一方である未来に対応しています。
 物質には時間(速度)が張り付き(E=mc2)、物質世界では全てにおいて時間がかかります。時間が相対的というのも5の性質によります。やはりここでも時間として物質空間の器のような役目をしています。時間は非常に不可解な面を持っていますが、これは5の**“光”の性質によります。
5は5であると同時に**αωを意味します。時間は何処をとっても初めであり終わりでもあるのです。

 前の“光”を決める際の*優先順位は5426、次からその補数の971です。5が最優先される訳ですがその理由は5の器としての役目と****時間の流れる方向によります。時間は5(未来)→2(過去)と流れます。
時間(未来)に対応する5は****形、位置に対応する4,2,6とは全く違った働きをします。4,2,6は無くなる事はありませんが5理性は直ぐ何処かに消えてしまいます。時間と同様ゼロになります。

 次の一覧は*123の法則による補数の働きの一例です。
補数同士は同時にプラスまたはマイナスになり、一方がプラス他方がマイナスということはありません。“光”にプラス、マイナスが有るわけではありませんから、表中の+−は光っているか光っていないかの符号です。
また中途半端な何%光っているというような状態は無く、プラスかマイナス。二進法のデジタルです。5はアナログで無段階に変化します。
 
A+B=CBとCが補数の関係になります。プラスの状態を表しています
5+1=6集中力によって智性を高めます。
5+2=72感情が7愛情に昇華する事を意味します。
5+3=8伝達の原動力、8波3動です。
5+4=9本質を見通す力になります。
5=5
  
A−C=−BB,Cの位置を入れ替ると符号が+から−に変わりマイナスの状態を表します
5−5=05の本質的違いです。
5−6=−1愚痴と妄想状態です。
5−7=−2可愛さ余って憎さ百倍、愛は怒り変わります。
5−8=−3何も見えない聞こえない鋭敏の正反対の愚鈍、空転状態です。
5−9=−4ものの本質が見えず欲求の虜、貪りです。

 何故、補数の計算に5を足したり引いたりするのか、何故、5でなければいけないのか、表を見れば一目瞭然です。
試しに5以外の数を入れて表のような関係、5同士の場合を除き四つ(最小限)の組み合わせ2組で、全ての数が現れ、補数同士の働きが正反対になるような関係が成り立つか試してみて下さい。

 この様に5は単独には作用せずに、全てのエネルギーの仲立ちをしています。即ち制御機能が5の役目です。
瞬間=0時間で****3動に対し制御のエネルギーですから、瞬時、瞬時を暴走しないようにコントロールしているブレーキ役です。5**理性のブレーキが壊れると暴走してしまいます。テレビや新聞を賑わしている事件はその結果です。

 ****制御が役目ですから普段はでしゃばって表には出ません。5のエネルギーが減った分だけ6智性と7愛のエネルギーが増える仕組みになっています。
 5は他の全ての“光”を制御統合していますから、**潜在意識の全ての位置に5があるのです。5が潜在意識の体(器)の役目をしているのもこの性質によります。

 5は**悟りのエネルギーです。実は5を知ることが悟りとは何かを知ることになるのです。
“光”の働きを知る為には5を理解することが重要になってきます。



←戻る     心=“光”     一覧     “ひかり”の計算